テーマ:鉄道模型

坂江康治氏の二線式Oゲージの魅力

既存のNゲージ(9ミリゲージ)やHOゲージ(16ミリゲージ)を見馴れた皆さまにとって、2線式Oゲージの存在感、迫力に驚かれると思います。 その昔ブリキレールの3線式を楽しんだ中高年の皆さまにとっては郷愁に満ちあふれ、今の人たちにとっては新たなサプライズとなるでしょう。 実物指向、精密指向に逆行して、徹底的にデフォルメや省略…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道模型 坂江ワールド 2線式Oゲージジオラマ

 鉄道模型作家坂江康治氏のジオラマは、手作りによる温かみ溢れる懐かしい昭和30年代の風景を醸し出しています。  適度にデフォルメされたОゲージ(32ミリゲージ)の電車が走り回る小世界は、当時の木造家屋群と生活感弾ける人々(フィギア)に囲まれています。  約1メートル四方のスペースは思わぬドラマの宝庫、「日本人はこうやって生きてきました」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more