テーマ:ハイキング

消されてしまった山行

 無料会員だとブログが知らない間に消されるようです。 次の項目をクリックするとBIGLOBEで消されたブログが参照できます。 霧氷と草紅葉の燧ケ岳 ハードな百名山還暦登山 紅葉の尾瀬ヶ原 日帰りハイキング 手軽に3千m級登山、乗鞍岳 3,026m 涼しく登れる甲武信ヶ岳日帰り登山千曲川源流コース往復  2,47…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美人観音様のご開帳を堪能、お勧め赤石温泉 櫛形山 2,052m日帰り登山

 関東は天気が悪そうなので行き先を議論しながら川越方面に向かう。 川越で天気の良さそうな山梨方面へ行くことにする。16号を行き東京、八王子から中央高速に乗る。 途中で登る山を櫛形山に決定。  櫛形山林道で少しでも楽しようと登り口を検分、北尾根登山口より中尾根登山口の方が130m程高いので道端に駐車し中尾根登山口から登り出す。登り始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山,599m、三つ星観光地と言えども落石に要注意

 体調確認とトレーニングのため話題の高尾山に歩いて登りました。下山中、今までに遭遇したことのない規模の落石が目の前に落ちてきた。途中まではペットボトル1本だけでで登れる山と紹介しようと思っていましたが、やはり山では何が起こるかわかりません。2010年6月6日、晴、単独、電車  落石は3号路を降ってきて1号路に戻らず、上級コースと書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水芭蕉が咲くトップシーズンの尾瀬ヶ原

 想い出します水芭蕉の尾瀬。  早朝の鳩待峠は雨でしたが、尾瀬ヶ原では晴れ、水芭蕉や黄色いリュウキンカの群生の中、カッコウの鳴く湿原を楽しみました。東電小屋に泊まり、翌朝は霧に佇む白樺林の幻想的な風景も楽しむことが出来ました。2007年6月1日、2日、同行者1人、車、天候:晴  尾瀬の天気 http://weather.bi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山用ザックのストラップ(紐、コード、バンド、ベルト、ハーネス)の締め方、調整方法、使い方 の説明

 登山用ザックにはひもが一杯ぶらさがっています。使い方、調整方法の説明をします。 ①ヒップベルト(ウエストベルト)、②ピップベルトストラップ、③ショルダーベルト、④ショルダーストラップ、⑤トッププルストラップ、⑥チェストストラップ  まず、バックレングス(背面長)の調整が出来るザックはバックレングスを調整します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大物になるのは御免、目的地を変更し楽して良い運動になった有間山、蕨山、大持山、小持山、日帰り

 目的地は前回突然の降雪により撤退したウノタワから大持山、小持山。名郷を過ぎウノタワ方面へ曲がる山中の橋の欄干に、秩父?猟友会の”大物狩猟中”の紙が貼ってある。大物に間違えられたくないので、橋を渡らず妻坂峠方面へ直進する。途中で猟犬に吼えられる、今にも飛びかかってきそう。終点の駐車場で支度し登山道入口に行くと猟銃の薬莢らしきものが10本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏を感じた百蔵山、扇山日帰り周回縦走登山

 天気は9時まで雨で12時から晴れとの予報だった。高速道路で途中雨に降られたが登山口では晴れ出した。予想していた雪は全く無く登山道は乾いていた。初夏を思わせる陽気の中、足の向くまま予定外の扇山まで足を伸ばす。途中、地図を見間違えとうとう日が暮れてしまった。行動時間8時間半はハードでしたが一山だけにすればハイキングに良いでしょう。全行程で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペットボトルも凍る冬の上高地、大正池からの穂高岳、霧氷の田代池、日帰りハイキング

 ’09.12.29.に上高地に入りました。大正池からモルゲンロートに染まる穂高岳と、ダイヤモンドダストの舞う霧氷の田代池を撮影した。1日中快晴でしたがペットボトルのお茶が凍る寒さでした。  前日、天気予報が好転したのでお誘いがあった。早めの夕飯後睡眠をとり、11時45分に起床し夜中12時15分に家を出る。関越を利用し朝5時頃沢渡…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高所恐怖症が一目でわかる断崖絶壁の艫岩 荒船山日帰り山歩き

 少し前のことですが、臼井儀人さんがトモ岩から落ち亡くなってしまいました。私が推測するに臼井さんは誤って落ちたのだと思います。私も写真を撮るためなら少々危険な場所でも行ってしまいます。崖下を撮ろうというのは思いつかない発想で臼井さんの強い取材意欲を感じます。         艫岩からの絶景、これも崖下といえば崖下になる ’03.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵堂から足柄古道を登り足柄峠経由金時山箱根仙石原ハイキングコース縦走

 天気予報が変わり天気が良さそうなので足柄峠から金時山へ登り、同級会のある仙石原へ縦走することにした。コースはハイキングコースと書いてあり子供連れの家族パーティが多い。頂上と仙石原への登山道では登山客が多く難所はところどころ渋滞した。金時山はかなりの急傾斜でしたが膝が笑うようなことはありませんでした。このコースは旧跡史跡が多くタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車場で野宿するには車中泊よりテント泊の方が楽、防災用品としてもお勧め

 最近車中泊がブームらしい、どこの山の駐車場でも車中泊をしているらしい車が多い。私は近隣の山は登り尽くした感もあり、遠くの山へ行くようになったので日帰り登山だと少々きつくなってきた。最近、遠方の山へ行くときは車中泊し、翌朝登り出すと楽なので麓の駐車場に前泊することが多くなった。  私のセダンは狭いので車中泊はエコノミークラス症候群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレス、宿便が解消する近隣の山 伊豆ケ岳(851m)を越える道日帰り山歩き

                    男坂の様子  このコースは距離が長く、アップダウンが多いので健脚向き。伊豆が岳手前の男坂は落石注意の看板とロープを越えて行くので自己責任度が強くなる。 女坂は若干急な程度、写真は男坂の様子。埼玉県 日帰り登山ハイキング  天目指峠で車道に出るが駅まで歩いた人が長かったと言っていた。どの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more