テーマ:健康

私の睡眠法、不眠症対策、これで大体寝られる

2019-05-22 私の睡眠対策は大体効くのでご紹介いたします。3.アメリカ海軍が実践している2分で眠ることができる方法 6週間訓練すると96%効くとのこと。2分で寝られるらしい。原理的にはまともでしょう。でも次の方法から抜け出せない。2.ノートパソコンでyoutubeの音声を聞いていると大体眠れます。重症にはこちらの方が効く?。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深い呼吸をするだけで大きな健康効果がある!

 最近猫背になり我ながら体つきが年寄りくさくなったと思う。  股関節痛で整形外科に行ったら腰椎の異常とともに胸が萎縮していると言われ深呼吸で胸の運動をするよう言われた。胸が萎縮しているので老人臭く猫背になっているそうだ。  9月13日のNHKで呼吸方法の放送をしていたが「齋藤式呼吸法」は実感で効果がありそうだった。生活習慣病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節痛は背骨の変形が原因だった

 5月に景鶴山登山中、左股関節痛のため撤退、当日は鳩待峠まで登れなかった。夏休みに北アルプスへ行こうという話があるのでトレーニングをかね6月に高尾山に登ってみたところ599mの頂上手前で痛みが再発してしまった。昨日、整形外科へ行ってみた。医者は話を聞いて即座に背骨の変形による神経の圧迫だと言う。レントゲン写真では背骨の下の方がかなり変形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かな雪景色の尾瀬沼

 平成23年の様子。http://ozenavi.blog85.fc2.com/ 尾瀬沼ビジターセンターは5/1にオープンしたそうです。  2009年4月19日 大清水の駐車場で車中泊し尾瀬沼まで行ってきました。天気は無風快晴で最高、静かな林間コース、尾瀬沼湖畔を楽しみました。今年は雪が少なかったようですが、木道付近は雪が緩ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命ガケで全身運動せざるを得ない冬の妙義山バラ尾根 1,104m

 中間道から石門めぐりの予定だったが、下から見ると雪は積もってなさそうだった。状況により撤退と言うことにし、タルワキ沢から相馬岳に登り、鷹戻しから中間道に降りることに計画変更。妙義神社から中間道を行く。2007年1月20日 同行者1人 天候薄曇  妙義は険しいという話しを聞いていた程度で全くのお任せ登山。タルワキ沢から尾根道に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏を感じた百蔵山、扇山日帰り周回縦走登山

 天気は9時まで雨で12時から晴れとの予報だった。高速道路で途中雨に降られたが登山口では晴れ出した。予想していた雪は全く無く登山道は乾いていた。初夏を思わせる陽気の中、足の向くまま予定外の扇山まで足を伸ばす。途中、地図を見間違えとうとう日が暮れてしまった。行動時間8時間半はハードでしたが一山だけにすればハイキングに良いでしょう。全行程で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペットボトルも凍る冬の上高地、大正池からの穂高岳、霧氷の田代池、日帰りハイキング

 ’09.12.29.に上高地に入りました。大正池からモルゲンロートに染まる穂高岳と、ダイヤモンドダストの舞う霧氷の田代池を撮影した。1日中快晴でしたがペットボトルのお茶が凍る寒さでした。  前日、天気予報が好転したのでお誘いがあった。早めの夕飯後睡眠をとり、11時45分に起床し夜中12時15分に家を出る。関越を利用し朝5時頃沢渡…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高所恐怖症が一目でわかる断崖絶壁の艫岩 荒船山日帰り山歩き

 少し前のことですが、臼井儀人さんがトモ岩から落ち亡くなってしまいました。私が推測するに臼井さんは誤って落ちたのだと思います。私も写真を撮るためなら少々危険な場所でも行ってしまいます。崖下を撮ろうというのは思いつかない発想で臼井さんの強い取材意欲を感じます。         艫岩からの絶景、これも崖下といえば崖下になる ’03.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵堂から足柄古道を登り足柄峠経由金時山箱根仙石原ハイキングコース縦走

 天気予報が変わり天気が良さそうなので足柄峠から金時山へ登り、同級会のある仙石原へ縦走することにした。コースはハイキングコースと書いてあり子供連れの家族パーティが多い。頂上と仙石原への登山道では登山客が多く難所はところどころ渋滞した。金時山はかなりの急傾斜でしたが膝が笑うようなことはありませんでした。このコースは旧跡史跡が多くタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレス、宿便が解消する近隣の山 伊豆ケ岳(851m)を越える道日帰り山歩き

                    男坂の様子  このコースは距離が長く、アップダウンが多いので健脚向き。伊豆が岳手前の男坂は落石注意の看板とロープを越えて行くので自己責任度が強くなる。 女坂は若干急な程度、写真は男坂の様子。埼玉県 日帰り登山ハイキング  天目指峠で車道に出るが駅まで歩いた人が長かったと言っていた。どの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more