私の睡眠法、不眠症対策、これで大体寝られる

2019-05-22

 私の睡眠対策は大体効くのでご紹介いたします。

3.アメリカ海軍が実践している2分で眠ることができる方法 6週間訓練すると96%効くとのこと。2分で寝られるらしい。原理的にはまともでしょう。でも次の方法から抜け出せない。

2.ノートパソコンでyoutubeの音声を聞いていると大体眠れます。重症にはこちらの方が効く?。

ただしWi-Fiのyoutubeは止まらないので音声で目が覚めてしまうと苦労する。

従ってyoutubeをダウンロードして聞いている。

終わると目を開け、次のファイルを1クリックで何回か聞いている内に眠っている。この単純な作業が有効なようだ。

Wi-Fiは脳に悪そうなので切断している。画面は暗くし音声は絞る。

youtubeは宇宙ものケントギルバート時事ニュース武田邦彦等音声で目が覚めない程度がお勧め。30分ぐらい。

ただ最近は、年齢かパソコンの冷却音のせいか2~3時間で尿意を催し目覚めてしまう。それでも睡眠不足は感じません。


 今までは下記1.の方法で大体寝られた。71歳の現在、ジストニアになってしまいできなくなった。(脳が老化した?。)

1.私は登山が好きで一度だけ谷川岳西黒尾根を登りました降りは4、5回降りています。

眠れないときは谷川岳西黒尾根を登る手順を頭の中で思い描いていると、大体登山口に辿り着く前に眠れてしまいます。

方法は光景を頭の中で思い描いて行くだけです。

下例、・・・・・は途中の景色や行動を描く。

まず、4時半に目覚ましで起きる、

次に布団の中で運動し、着替・・・・・朝食の準備・・・・・出発、

自転車に乗り途中の景色を追っていき駐輪場から駅まで歩く・・・・・

駅で高崎線下り始発電車に乗り・・・・・大宮、宮原・・・・・

高崎駅に到着、NEWDAYSでおにぎり、パンを買い水上行きに乗り換える・・・・・

水上駅で上越線に乗り換える、最前車両に乗るのがコツ・・・・・

土合駅で降り階段を延々と登る・・・・・

やっと改札口、外に出て駅前広場・・・・・踏切を渡り歩く・・・・・

ロープウエイ駅を通り過ぎ・・・・・登山指導センターで水を汲む・・・・・

西黒尾根登山口を登り始めるといきなりの急傾斜・・・・・樹林帯を延々と登ると鉄塔広場に出て休む・・・・・

樹林帯を風の音、鳥のさえずりを聞きながら休み休み延々と登る・・・・・ここからが忘れられない体験

森林限界に出る・・・・・岩場の鎖を何回か登る・・・・・

日に照らされた山道を行く・・・・・頂上が見えラクダのコルで一休み・・・・・


 谷川岳とマチガ沢

 

 西黒尾根の様子

そこから大きな岩の岩場を延々と登って行く・・・・・氷河の跡の一枚岩・・・・・

延々と登って行く、ザンゲ岩が見える・・・・・肩の小屋・・・・・

トマの耳・・・・・オキの耳・・・・・昼飯・・・・・奥の院

ここまでで眠れなければ降りるか縦走してしまいましょう。経験は無いが、降りてしまったらまた登り返すとか。

大体、頂上にたどり着く前に電車の中で眠れました。

上記のようにあなたの体験を応用すればどうでしょうか。羊を数えるより楽しい思いなら雑念が排除されるのでは。


 別に、頭の中で模型の電車をグルグルと走らせてみると、アルファ波が出て、リラックスし、興奮やイライラといった無駄なエネルギーを抑える。 これも同じような原理でしょう。

 

 医者は簡単に薬を出すが、睡眠導入剤等神経系の薬は絶対やめた方が良いのが実感、ジストニアになってしまった。

寝られないと気分が悪いだけで長い人生での中、そんなに実害はないのも実感。

どうしても寝れない時はしょうが無い。目をつぶっているだけでよいそうです

効果があったらコメント願います。または良い方法をご紹介願います。


 
アクセスカウンター

"私の睡眠法、不眠症対策、これで大体寝られる " へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント