憲法はGHQが起草、日本人はWGIPのプレスコードにより洗脳されたまま。

2019-08-05

 日本国憲法はGHQが作りました。理由はアメリカが旧日本軍の強さを非常に恐れていたことと、憲法の日本案はアメリカにとって受け入れられなかったため。ご存じでしたか?私はこの年になるまで知らなかった。

 GHQが実施したWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の30のプレスコードにより日本人は見事に洗脳されたままです。ケントギルバート氏の解説が解りやすい。

30のプレスコード(これらに該当するとされた情報は削除ないし発禁とされた。)

(1)連合国最高司令官(司令部)に対する批判

(2)極東国際軍事裁判批判

(3)連合国軍司令部が憲法を起草したことへの批判

(4)検閲制度への言及

(5)合衆国への批判

(6)ロシア(ソ連)に対する批判

(7)英国に対する批判

(8)朝鮮人に対する批判

(9)中国に対する批判

(10)他の連合国に対する批判

(11)連合国一般に対する批判

(12)満州における日本人取り扱いについての批判

(13)連合国の戦前の政策に対する批判

(14)第三次世界大戦への言及

(15)ソ連対西側諸国の「冷戦」に関する言及

(16)戦争擁護の宣伝

(17)神国日本の宣伝

(18)軍国主義の宣伝

(19)ナショナリズムの宣伝

(20)大東亜共栄圏の宣伝

(21)その他の宣伝

(22)戦争犯罪人の正当化および擁護

(23)占領軍兵士と日本女性との交渉

(24)闇市の状況

(25)占領軍隊に対する批判

(26)飢餓の誇張

(27)暴力と不穏の行動の扇動

(28)虚偽の報道

(29)連合軍総司令部または地方の軍政部に対する不適当な言及

(30)解禁されていない報道の公表

引用元、アンダーラインはクリックしてください

 当時の日本人はバカバカしい敗戦(英霊には失礼)にあきれていたし、生活がやっとだった。私は『まんまーまんまー』と母親を追いかけていたらしい、白人専用の便所は薄っすらと覚えている。世相からもこれでは逆らいようがないですね。

 上記は最近アメリカの秘密情報公開により明らかになってきた。マスコミは反体制で偏向しているため報道しないので、一般人(特に高年齢層)は知らないでしょう。若者はネットで情報を集められる。政治家は知っている?と思うが、その旨聞いたことがない。多分、これを持ち出すほど世論が成熟していないので持ち出せないのだろう。

 何故マスコミが真実を報道しないで偏向しているか。日教組等と同じようにWGIPに縛られ偏向した報道をしている内に左傾化して中立に戻れないため?と、反体制は米国のマスコミと同じように左翼化の特性があるのでしょう。

いずれGHQのWGIPは明らかになってくるでしょう。

 1人1人考え方が違うのは経験や学習=刷り込み=洗脳の結果です。人間は簡単に洗脳されます。宗教は最強の洗脳システムでしょう。選挙運動等バカバカしいと思ったら損得考えず、早く組織から離れましょう。オヤジの経験です。韓国人は反日で洗脳されていてどうにもならない。普通の日本人には韓国人の反日感情は理解できません。   自分でネットの信頼できる情報を集めてください。

韓国人の反日はアメリカの陰謀によって作られた。

人それぞれ意見が違うのは経験や学習=脳への刷り込み=洗脳の結果。そういう手法で韓国人は声高に何度も同じことを他人に吹き込むのだと思う。反日教育の結果が韓国人の反日感情になっている。慰安婦では韓国人のロビー活動によりオバマ以下米国人は洗脳された。声の大きい方が強い、ケントギルバート氏によれば在米日本人はまとまりがないので力にならない。

韓国人の語る洗脳。

アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント